低用量ピルは通常の避妊薬とどう違うのか?当ブログでは「初めてピルを服用する方」に分かりやすくご説明してまいります。また、これまでにピルを服用したことのある方にも知って得するような情報をお届けできるよう、新着の記事を追加していきます。

低用量ピルの画像

低用量ピルと自然由来の原料のローヤルゼリー

女性がピルを服用する際に、ローヤルゼリーとの飲み合わせを気にするケースも多くなっています。
結論から言えば、ローヤルゼリーと併用しても、何の問題もないと言えます。ピルは経口避妊薬として一般に普及していますが、ホルモンバランスを安定させる働きもあるので、更年期障害の改善に効果があるわけです。
更年期障害の症状としては、イライラ感や不安感の増加、身体の不規則な火照りや倦怠感など様々ですが、主に40代を過ぎた更年期の女性に多く見られると言えます。
これらの症状は、ホルモンバランスが乱れが引き起こすもので、自律神経が関係しています。
その原因になっているのが、卵巣機能の低下で、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少につながっているわけです。
その為、妊娠出産に備えていた身体の仕組みが大きく変わることになり、変化に対応するために不快な症状が現れると言えます。
それで、ピルを服用することで、卵胞ホルモンと黄体ホルモンをバランスよく摂取できるため、更年期から来る不快な症状を和らげることが出来るわけです。
そして、ローヤルゼリーには、自律神経を整えるアセチルコリンという成分が含まれているので、ホルモンバランスの乱れから来る身体の不調を改善することになります。
ローヤルゼリーは自然由来の原料なので、基本的には医薬品と飲み合わせることに問題はありません。それ故、ピルと併用しても大丈夫だと言えます。
更年期障害の症状が収まれば、生理周期が安定するので、生理痛が弱まるなどの効果が得られます。
ところで、ピルを服用し始めると、吐き気やめまいなどの症状がでるケースも多くなっていますが、それは一時的に身体のホルモンバランスが乱れるからだと言えます。
その場合、低用量ピルに変えることで、副作用からくる不快な症状を抑えることが出来ると言えます。