低用量ピルは通常の避妊薬とどう違うのか?当ブログでは「初めてピルを服用する方」に分かりやすくご説明してまいります。また、これまでにピルを服用したことのある方にも知って得するような情報をお届けできるよう、新着の記事を追加していきます。

低用量ピルの画像

低用量ピルに分類される医薬品は保険が適用になる?

低用量ピルは、重い副作用が出る可能性が低いことから、有効な避妊方法として多くの女性に試されており、近年は卵胞ホルモンの量を従前よりさらに少なくした超低用量ピルと呼ばれる種類の医薬品も登場しています。
どんな医薬品でも、健康保険の適用対象になっているのかどうかは気になる点の一つですが、低用量ピルの場合は保険が適用される場合と、そうではない場合があります。保険が適用されるのは、子宮内膜症や月経前症候群(PMS)などの治療のために低用量ピルを用いる場合です。これらの病気は、症状が進行すると頭や腰、下腹部などに痛みが生じ、患者によっては日常生活をおくるのに支障をきたすほどの強い痛みになることがあります。健康保険は、日常生活の維持が困難になる病気の治療を行う場合に適用されるものであり、PMSや子宮内膜症の治療を目的とした低用量ピルの使用は保険の適用要件に合致します。
一方、病気の治療を目的としない低用量ピルの使用は、健康保険適用の対象外となります。その代表的な例として挙げられるのは避妊目的での使用です。避妊薬は個人がそれぞれの事情に応じて使用されるものであり、使用しなくても日常生活がおくれなくなるような影響はほとんどありません。逆に、健康な人が避妊薬を使用することで、副作用の症状に悩まされるリスクが生じることになります。また、避妊薬の使用は、あくまで避妊の方法の一つであり、他の方法で十分に効果をあげられていればその方法を続ける選択も可能です。医療は今後も発展していきますが、健康保険制度の理念や目的が変わらないかぎり、避妊目的での低用量ピルの使用が保険適用の対象となる可能性は極めて低いといえます。